ボケ防止と頭の中の整理の為の記録

[整理部屋] 「現役で稼働している旧式システム」の考察

①→②→③
・①データ元
・②データ受信、変換(更新が必要なシステム)
・③簡単なデータの実行、処理(旧式のままでも運用可能なシステム)

・セキュリティ関係は想定しない場合。
・②の例として、その時代に流通している新形式の文書データ、CADデータ等、主流の通信プロトコル等に対応していく必要がある。
・③の例として、NC装置の場合は、②でGコードプログラムを実行できれば良いので新機能を要求されない限り使用可能。

*********************************


・[客先]→[メーラ、CAD/CAM(PC1)]→[NC制御用(PC2)]
・[UHF放送波]→[地デジチューナ]→[アナログテレビ]
スポンサーサイト
  1. 2017/02/06(月) 10:34:15|
  2. 未分類

プロフィール

天女目無線研究所

Author:天女目無線研究所
ボケ防止と頭の中の整理の為の記録